医師と薬剤師の役割

医師の役割

医師は病態生理の専門家であり、患者の疾患を診断する専門性の高い職種であるが、特に外来における医師の役割は、問診のみならず、処置や検査予約、処方入力など多忙を極めている現状にある。
医師は、ガイドライン以降の臨床の最新エビデンスを入手して治療を決定するが、この段階では薬効群が決まることが多い。

薬剤師の役割

薬剤師は薬の専門家であり、薬の構造式の違いや体内でどのような働きをして、代謝、排泄されるかという特性の違いについて、詳しく学んでいる職種である。
多くの同効薬の違いと患者個々の腎障害・肝障害の状況、そして他に使用している薬との相互作用から、患者に最適な一つの薬を選択する重要な役割を担う。

「情報提供者」としての薬剤師

薬剤師としての役割の変革

1990 年代においては、薬剤師は医薬品情報の管理者として、Drug Information活動が注目された。

今後、薬剤師は医師の処方した後に関わる疑義照会に留まることなく、処方される前に、公正中立な医薬品比較情報を能動的に医師に情報提供することが必要である。

だから、アカデミック・ディテーリング

そのためには、医薬品情報を吟味できる情報リテラシーを身に付け、医薬品比較は臨床試験の結果だけではなく、医薬品の化学構造式や薬理作用の違い、薬物動態の違いなど、医薬品の科学的特性からも比較して使い分けポイントを示し、医師の処方行動に影響を与えるAcedemic Detailing(AD)活動への変革が求められている。

医薬品情報提供を、変える。

これからの薬剤師

10年後の日本においては、調剤はすべてロボット化されると予想されるが、次世代の薬剤師は、更なる専門性を確立できるかどうかは薬剤師自身の意識にかかっている。

患者中心の医療の実現に向けて、常に医師の近くで分かりやすいADアプローチを行い、処方支援が主な仕事という存在になっていることを期待したい。

もっとやりがいを感じられるように

薬の専門職として、薬剤師が患者に最適な薬物治療を提案し、そして、患者を副作用から守る役割を担うという覚悟を持つことが必要である。そのことは、何よりも薬剤師自身のやりがいにつながり、薬剤師を患者にとってさらに身近な頼れる存在にすると考える。

お気軽にお問い合わせください。入会受付中!

お問い合わせ